【新規ボーナスあり】XMでFX取引を試してみよう

xmで回線不通が治らない原因は!?改善方法をわかりやすく解説

XMTradingでは、MT4・MT5を使って取引を行います。
しかし、ユーザーによっては回線不通と表示され、MT4・MT5からの取引ができないという方も多いようです。

本記事では、XMTradingのプラットフォームで回線不通となる原因や対処法について詳しく解説していきます。

目次

Xmtradingが回線不通になる原因

XMTradingでは、取引や相場分析でMT4・MT5の2つのプラットフォームが採用されています。

しかし、MT4・MT5にログインして取引を行う際に、画面下に以下のような表示が出る場合があります。

回線が問題なく接続されている場合は、●●kbといった数字が記載されています。

しかし画像のように回線不通と表示されている場合は、取引ができないだけでなく、チャートも動かないので値動きの分析もできません。

回線不通と表示される原因と対処方法について見ていきましょう。

ログイン情報の間違い

XMTradingで回線不通と表示される方の最も多い原因は、ログイン情報の間違いによるものです。

MT4・MT5にログインする際は、以下のようなログイン画面から情報を入力して行います。

もしも、ログイン情報が間違えた状態である場合は、チャートが起動せずに「回線不通」の表示が出てしまいます。

今一度、登録した際のメールアドレス宛に届いたログイン情報を確認して、再入力しましょう。

メールにはサーバーも記載されているので、必ず登録口座でのサーバーを選択するようにしてください。

旧バージョンを使用している

XMTradingで回線不通と出る場合は、旧バージョンを使用している可能性があります。

古いバージョンのMT4やMT5では、ステータスバーの表示に「旧バージョン」と表示され、回線不通の状態になってしまうケースがあるのです。

旧バージョンを使用している場合は、まず旧バージョンのMT4・MT5をPCから削除しましょう。
その後、XMTrading公式サイトに移動してMT4・MT5を再ダウンロードします。

公式サイトのプラットフォームをクリックすると、デバイスごとのMT4・MT5が表示されるので再ダウンロードしてログインをしましょう。

MT4とMT5を間違えている

XMTradingの登録時には、MT4とMT5のいずれかを選択する必要があります。
選択したプラットフォーム以外のものは使用できないので注意しましょう。

MT4口座で登録している場合、MT5でログインしようとしてもログインできずに回線不通と表示されます。

必ず自身の登録したプラットフォームからログインしてください。

どちらの口座で登録したかは、登録時に送られてくるXMからのメールで確認が可能です。

また、スマホのMT4・MT5は全FX会社で共通ですが、PCの場合は各社で独自のMT4・MT5が提供されています。

XMではない他社のプラットフォームをダウンロードしても、XMのログイン情報では利用できないので注意してください。

AXIORYのPC版MT4をダウンロード
MT4のアプリをダウンロード
  • XMのログイン情報ではログインできない
  • XM・AXIORY両方のログイン情報でログインできる

口座が有効化されていない

回線不通と表示される場合は、口座が有効化されていない可能性もあります。
XMの会員ページにログインして、以下のような表示がある場合は回線不通と表示されるケースが多いです。

口座の有効化は、本人様確認書類と住所確認書類の2点を提出することで承認されます。

有効化されていない状態では、仮に取引ができたとしても、その後の出金ができないので早めに済ませておきましょう。

為替市場が休場中の場合

XMTradingでの取引は365日できるわけではありません。

クリスマスや年末年始では休場となり、プラットフォームを開いても回線不通と表示される場合があります。

祝日で休場となる場合は、事前にXMからのメールが届くので、逐一チェックをしておきましょう。

また、毎週土日は休場となるのでログインができていたとしても、取引はできません。
以下は、XMで取引できる時間です。

XMで取引できる時間帯
  • 夏時間:月曜日の午前6時05分~土曜日の午前5時50分まで
  • 冬時間:月曜日の午前7時05分~土曜日の午前6時50分まで

ネット環境の問題

ネット環境の問題でも、MT4・MT5に回線不通と表示される場合があります。

また、ネットの電波が極端に悪い場合でも、起動した際に回線不通の表示が出ることがあるので注意しましょう。

ネット環境に問題がある場合の対処法
  • ONU、ルーター、WiFiを再起動
  • PCの再起動

上記のような対処が必要ですが、インターネット会社への料金未払いやルーターの故障などの可能性もあるので、再度ネット環境を確認しておきましょう。

デモ口座の有効期限が切れている

XMtradingのデモ口座を使っている方でプラットフォーム上に回線不通と表示された場合は、有効期限が切れているという可能性もあります。

XMTradingでは明確な有効期限が設定されているわけではないですが、ログインしないまま60日以上放置していると期限切れとなってしまうので注意しましょう。

期限切れとなった場合のデモ口座は利用できません、

XMTrading公式サイトから新しいデモ口座を申請して、再度新しいデモ口座情報を入力すれば再度利用できます。

口座が凍結・休眠扱いになっている

XMTradingをしばらく利用しないで、自身の口座が凍結・休眠になっている場合も回線不通と表示されます。
口座が凍結される順番は以下の通りです。

口座凍結となるまでの流れ
  • XMTradingで90日以上の取引や入出金をしていないと休眠口座になる
  • 毎月5ドルの口座手数料が自身の口座から差し引かれる
  • 口座内に残高がなくなり、手数料を払わないまま90日が経過すると口座が凍結する

休眠口座の状態であれば、1回でも入出金や取引を行うことで解除可能です。
しかし、口座凍結の場合は再度XMの口座を作成しないと取引が再開できません。

新しい口座を作りなおして、再度MT4・MT5にログインしましょう。

また、口座凍結の要因が放置ではなく、不正による強制的な凍結である場合は二度とXMでの口座作成ができなくなるので注意してください。

XMTradingでの回線不通が治らない場合の対処法

XMTradingでの回線不通と表示されるケースはさまざまな要因がありますが、どうしても治らないという方は、サポートに問い合わせをしましょう。

XMTradingのサポートは、以下の方法で相談が可能です。

問い合わせ方法営業時間
メール
(support@xmtrading.com)
週7日24時間(返信は平日のみ)
LINE月~金:午前8時~午後10時
土~日:午前9時~午後13時
ライブチャット月~金:午前8時~午後10時
土~日:午前9時~午後13時
電話(コールバック)営業日内に申請が必要

ライブチャットやLINEは、急いで相談をしたい場合に便利ですが、問い合わせをする時間に限りがあるので注意してください。

事の経緯をスクリーンショットの画像などを用いて相談したい場合は、メールでの相談がおすすめです。

すぐに返信がくるものではありませんが、1営業日以内には返信がくる傾向にあります。

回線不通の状態ではMT4・MT5全ての機能が使えないので、早めに対処をしておきましょう。

追加口座の開設もおすすめ

サポートへの相談を待たずにすぐ取引をしたいという方は、追加口座の開設もおすすめです。
XMTradingでは、1つのアカウントで最大8つまで口座が保有できます。

既存の口座でMT4・MT5の回線不通表示が出た場合でも、追加口座であればログインできるケースも考えられるでしょう。

追加口座開設の流れ
  1. XMTradingの会員ページにログインする
  2. アカウント内の口座一覧から「追加口座を開設する」をクリック
  3. 追加口座の詳細設定を行う
  4. メールで追加口座の詳細を確認して、MT4・MT5にログインする

上記のステップで追加口座作成ができるので、回線不通が解消しない方やサポートの対応が待てないという方はぜひ試してみてください。

コメント

コメントする

目次